老け顔に見られないために|綺麗な肌になるには若返り治療が大切|自慢の肌に変わろう

綺麗な肌になるには若返り治療が大切|自慢の肌に変わろう

ウーマン

老け顔に見られないために

相談

改善方法は3種類です

老けた印象に見られてしまう顔のたるみは、どうにかしたいものです。そのためにはアンチエイジング化粧品や、顔のストレッチなどがありますが、それでもなかなか治らないたるみの場合は、クリニックでの治療が必要になります。ではたるみの治療方法には、どのようなものがあるのでしょうか。まずフェイスリフトと呼ばれる治療方法があり、これは皮膚を引っ張り上げるものです。それからレーザーによって皮膚を活性化する方法がありますし、注射で美容成分を注入する方法もあります。ただしこれらはいずれも、健康保険の適用外となりますので、自費で治療を受けることになります。料金はクリニックによって異なりますが、最低でも数万円と考えてください。また注射は、定期的にクリニックに通う必要があります。

それぞれの方法の特徴とは

3種類の治療方法はそれぞれに特徴があり、フェイスリフトは、皮膚を切り開いて持ち上げ、たるみを無くす方法と、切開せずに糸を使って持ち上げる方法とがあります。前者は効果が長持ちすること、後者は術後の回復が早いのがメリットです。またレーザーの場合は、光や赤外線、エネルギーなどを照射することで、肌を若返らせたり、コラーゲンの生成を促したりして、たるみを緩和します。それから注射ですが、これは大きく分けて3種類があります。まずプラセンタ注射は真皮層に成分を送り込み、細胞活性化によって弾力を取り戻します。次にヒアルロン酸注射があり、これは肌を内側から持ち上げる効果があります。そしてボトックスですが、これはボツリヌス菌を注射して筋肉の収縮を和らげ、たるみを目立たなくします。